妊娠 タイミング

いつ夫婦の営みを持つのが、姙娠しやすい?

仲良し夫婦

 

ベビ待ちや妊活といった言葉が流行る今、子作りに励む夫婦は世代に関係なく増えて来ました。

 

 

妊娠を無事、成功させるためには、タイミングを見極める事が大事です。

 

 

もちろん回数を稼ぐ事が一番大事ですが、いわゆる妊娠しやすい時期にセックスをしなければ、お互い体力の無駄になる恐れが高いです。

 

 

 

いつセックスするのが姙娠しやすい?一晩に何度もするのが効果的?

 

といった風に疑問を抱く子作り初めての夫婦もいる事でしょう。

 

 

まず前者の解答ですが、いつが最も子作りに最適かと言えば、いわゆる排卵時の前後がベストな潮時です。

 

 

排卵日と呼ばれる期間の2日前、3日前から排卵日の次の日くらいが、最も授精しやすい時期となります。

 

 

 

そして排卵日前後の晩に、何度も繰り返す精液を膣口に出してもらう事が、妊娠確率のアップに繋がりますので、その時期に限っては一晩に複数回セックスする意義が高まります。

 

 

そうではない時期に二度、三度と膣内射精を受けても、精子が着床する確率は低めです。

 

 

 

新婚夫婦は毎晩セックスした方が妊娠しやすい、という意見がありますが、基礎体温などから排卵日を算出せずに、言わば適当に毎晩セックスする方法では、精液が薄い状態で膣内射精される日々が続き、それが安全に着床する確率がむしろ低下し、全体的に見れば妊娠出来る可能性がガクンと下がってしまいかねません。

 

 

無論、毎晩セックスをしてもデメリットはありませんが、妊活を意識するなら、排卵日前後の三日間程度に、集中的に愛し合うのが最も効率的です。

 

関連ページ

妊活の大敵卵子老化を防ぐ
妊活を頑張っても卵子が老化してしまうと、妊娠確率が低くなってしまうので注意が必要です。
私がしてきた不妊治療の内容
私がしてきた不妊治療の内容について書いてみたいと思います。